ビジネスの活用としてホームページ制作を行なうのであれば、計画からしっかりと立てなくてはいけません。
自身で制作するにせよ、専門のホームページ制作会社に依頼するにせよ、初めの設計が重要です。

パソコン用ホームページ制作のポイント

パソコン用ホームページ制作のポイントですが、マシンパワーを意識した高品質なデザインを狙いましょう。昨今主体となったタブレットやスマートフォンとは違い、パソコンでネット閲覧をしているユーザーに向けては、より多くの情報を提示する事が出来ます。

タブレットやスマートフォン相手だと、画面サイズが小さい事、マシンパワーがスタンダードな事、そしてブラウザの仕様の関係なら、最小限度の情報から表示させられません。またJavaやFlashなどを織り込んだ高品質なデザインは閲覧してもらえません。翻ってパソコン用のホームページ制作なら、基本的にOSやブラウザに関係なく、JavaやFlashを活かしたサイト構築が可能です。

またPC版ブラウザ向けのコーティングだからこそ使えるseo対策のテクニックもあります。

スマートフォンやタブレット相手だと情報量のセーブが求められますが、PC版のブラウザであれば自由です。また画像や動画を挿入する事も出来ますので、テキストのコーティングに偏重しない柔軟なサイトデザインとseo対策が出来ます。スマートフォン版とパソコン版の両方に対応したデザインをそれぞれ設ける事が大事であり、マーケティングの成果アップに役立ちます。

ホームページ制作の流れについて

ホームページ制作は、もちろんhtmlのすべてを自分で書けるのであれば、それがいちばん自由度の高い方法ですが、多くの場合は、その利便性から、ホームページエディタをはじめとするツールを使用し、後からエディットしてカスタマイズする形になります。

ホームページ制作の流れとしては、まず完成させたいイメージに近いテンプレートを読み込みます。ウィザードに従って入力して行くと、あらかじめ用意されたデザインのホームページが完成します。昨今では、seo対策を施せるツールが付属したホームページエディタもあり、こちらも、あらかじめ用意されているタグやスクリプトをセレクトして埋め込むことが可能で、作成は容易になっています。

一連のウィザードの作業が完了し、これで満足出来るなら、あとはアップロードするだけです。さらに手を加えたければ、自身でエディットしてカスタマイズします。よくあるのは記事の見やすさで、ウィザードのままだと、レイアウトと文字数が合わずに改行が不自然となる場合があります。また、画像の表示位置も、エディターの側で用意されている画像ならぴったりハマりますが、自身で用意した独自のサイズの画像の場合は、レイアウトが狂ってしまう事があります。閲覧者がアクセスしたときに、どのような印象を受けるのかを意識しながら、手直しをして、納得できるホームページ作成が出来れば完成です。

実際に制作実績が見られるホームページ制作サイトについて

ホームページ制作を依頼する会社を探しているのであれば、実際に制作実績が見られるホームページ作成サイトを参考にしてください。

これまでにどんなホームページ制作をしてきたのかがわかるので、あなたがつくりたいと考えているテイストにあうかどうかを判別できます。

また、seoに強いホームページ制作会社かどうかもわかります。まずは、デザインセンスを見極めるためにも作成実績が見られる作成サイトを覗いてみましょう。そうすれば、どのくらいの実力を持っている制作会社なのかがわかり、ホームページ制作を任せられるかどうかを判断できるのです。

ホームページ制作をするための関連記事