ビジネスの活用としてホームページ制作を行なうのであれば、計画からしっかりと立てなくてはいけません。
自身で制作するにせよ、専門のホームページ制作会社に依頼するにせよ、初めの設計が重要です。

jQueryを利用したホームページ作成

ホームページ作成
最近のホームページ作成ではjQueryという技術がよく利用されています。

jQueryはJava scriptのライブラリです。これらの技術を利用する事でwebサイト内に動きをつける事ができます。
ホームページ作成を行う人の中にはjQueryに関する知識が十分ではない人もたくさんいます。
そんな人でも簡単にJava scriptを使いこなす事ができます。

とりわけて難しい知識などは必要ありません。そのためjQueryが誕生すると瞬く間に世界中へと広がりました。

スマートフォンの普及に伴い、さらにJava scriptはあらゆる形でこれからも利用され続ける事でしょう。

おすすめのホームページ作成、ECサイト構築

大阪でハイクオリティーのホームページ作成をお考えならSEO対策サービスからHP制作まで。大阪・東京の有限会社ティーケイティーのホームページ作成事業部。

大阪でホームページ作成とECサイト構築はお任せください。ホームページ作成の実績が違います。大阪、神戸、京都など近畿一円と首都圏でECサイト構築。

ホームページ作成の見積もりから完成までの流れについて

ホームページを作成するにあたっての流れについて、まず第1にヒアリングというものを行います。これは、客がどのようなものを求めているのかを探る意味でも重要です。例えば、新規に作成するのか又は今あるものをリニューアルするのか、またどのような目的で作成するのかや、コンセプト等の情報を収集します。

次にヒアリングの情報をもとにより具体的なホームページの構成等を検討していきます。例えば、会社であればどのような業態なのか、業態によりECサイト構築が必要になるでしょうから重要です。またターゲットはどいう層か、予算等具体的に話をすすめていきます。

続いて得た情報を元に見積もりを作成します。見積もりについては後々追加や変更等があるかもしれないので概算で作成します。そしておおよその内容が確定しましたら本見積もりという形になります。本見積もりが問題なければ契約となり、本格的なホームページ作成作業に移ります。

ワイヤーフレームの作成から始まり、デザインの作成、コーディング作業と移っていきます。さらに最終的に客との校正、修正作業を経て完成となります。ホームページ作成会社に依頼しますと相応の金額がかかります。業者選びも作成過程も慎重に行いたいものです。

ホームページ作成後のアクセス解析方法

ホームページ作成後にはアクセス解析をして、自分のホームページの弱点を知るようにしましょう。

ホームページ作成は最初にすれば終わりというものではありません。ホームページの欠点を解析して、それを直していくことで、より多くの訪問者を獲得することができるようになります。最初から完璧なECサイト構築をすることは出来ないといってもいいでしょう。訪問者の傾向などを見て、さまざまな対策を考えていくことで出来ることです。その際のサイトの解析に欠かせないのがアクセス解析です。

これをすると、訪問者の数から訪問者の動向が数字というわかりやすい形で目に見えてわかるので、その対策をうつことも出来るようになるのです。例えば男性の訪問者が多くて女性の訪問者が少ないとなれば、コンテンツが男性向きになっているということになりますし、年代別で訪問者を調べて、高齢者が多いとなれば、若者向けのコンテンツが弱いといったことがわかります。

訪問者がサイトをどのように経由して出ていったのかということも分かりますから、サイトの構造を変えて、自分が導きたいページに訪問者を誘導するということも可能となります。ホームページ作成において訪問者の動向を知ることはサイトを作る上では最も大切なことともいえるでしょう。

ホームページ作成のよくある疑問点

ホームページ作成やECサイト構築時、特に初心者の場合はサーバーをどうするかという疑問点があります。

趣味のホームページ作成やブログであれば、無料のサイトスペースやブログサービスを利用するという方法がありますが、使用できる機能は限定的です。このため、本格的なホームページやECサイトの場合は、サーバーを有料でレンタルすると共に、独自にドメインを取得するのが一般的です。

有料でレンタルするサーバーであれば多くの機能を利用できるとともに、アクセス数が増えたとしても制限されるような事態に陥ることは少なくなります。月々の費用は必要となりますが、リスクを背負ってホームページ作成・運営するよりは安心です。

運営を考えたホームページ作成に関する記事