ビジネスの活用としてホームページ制作を行なうのであれば、計画からしっかりと立てなくてはいけません。
自身で制作するにせよ、専門のホームページ制作会社に依頼するにせよ、初めの設計が重要です。

ECサイト構築にかかる費用について

ECサイト構築でもすべて自分で行えば費用は一切掛かりません。もちろん自分でホームページ制作を行うので手間はかかってしまうでしょう。そしてホームページ制作を外部のサービスに任せる場合には、場合にもよりますが1ページごとに最低でも5万円が必要になります。最高では30万円を超える場合もあります。

この様に外部サービスを利用してECサイト構築を行う場合は、かなり費用が掛かってしまうでしょう。更にこれらはあくまでも1ページ毎のものです。その為サイトのページ数や規模が増えれば更に必要になるでしょう。しかし大きく見て小規模なサイトなら10万円前後、中規模なら30万円前後で大規模なら50万円前後と考えましょう。

また例えばスマートフォンやタブレットなどの機器での観覧に対応できるページの作成を依頼するならば、1ページで30万円前後が必要になるでしょう。しかしあくまでもこれらは平均の数値で、利用するサービスによって変わってきます。

またその他にも自社の製品をアピールする際の写真や映像も本格的なものにするならば、それらにもお金が掛かります。背景が綺麗で本格的な写真なら、安くても数百円からで高ければ数千円になるでしょう。

ECサイト構築後のECサイト業務「サポート業務」について

ECサイト構築後には、運営と相談のサポート業務の二つがあります。前者の内容は、ホームページ制作から運営までを一纏めとして、ワンパッケージで任せられるのが特徴です。

ECサイト構築に留まらず、その後の運営も任せることが出来ますから、初めてECサイトを経営したい場合でも安心です。

一方、後者はホームページ制作等のECサイト構築を行い、その後はサポート業務でアドバイスを得て運営を行う方法といえます。現在の問題点であったり、工夫した方が良いポイントを教えてもらえますから、運営に安心感をプラスすることが出来ると考えられます。

他にも、顧客からの電話やメールの受け答えを一括して引き受けたり、窓口業務を肩代わりしてくれるサービスもあるので、ECサイト運営には力強い味方が数多く存在しています。ECサイト構築に興味はあるものの、構築後にどうしてよいか分からない場合は、各種の業務が任せられるサポートを選択することがポイントです。必要な場面に合わせて、集客方法の改善や売上の上げ方、顧客に対する対応方法等も合わせてアドバイスが得られます。

何処までサポートしてもらえるか、これは業務の契約内容で決まりますから、ECサイト構築を始める時は予めサポートの範囲や契約内容を確認することが大切です。

ECサイト構築方式「CMSパッケージ」の特徴

手軽で簡単にECサイト構築を行うためにCMSパッケージを利用するという手段があります。

CMSとはコンテンツ・マネージメント・システム(Contents Management System)の略で、あらかじめ用意されたパーツを自由に選んで組み合わせ、直観的に画面を構成することができる仕組みです。これにより、面倒なコーディング作業を行わないで済むことはもとより、ゼロからECサイト構築を複数人の開発者で担当する場合にありがちなコーディング技術や実装方法の差などを埋めることができます。

また、コーディングを減らすことでバグの作りこみを最小限にとどめることもできます。用途はECサイト構築だけではなく、画面を構成するという仕組みを使ってホームページ制作のために利用することもできますので、様々な利用シーンがあります。

システムの開発には多くの人材と工数が必要になってしまいます。開発から実際の運用を含めた過程の中で、システム障害が発生した場合にはさらに多くの工数が発生して費用がかさむことも少なくありません。CMSパッケージを導入することでそれらの費用を抑え、より多くの利益を生み出すことができる可能性があります。

ネットショップのECサイト構築に関する記事