ビジネスの活用としてホームページ制作を行なうのであれば、計画からしっかりと立てなくてはいけません。
自身で制作するにせよ、専門のホームページ制作会社に依頼するにせよ、初めの設計が重要です。

ECサイト構築

ECサイト構築やホームページ制作に必要な物は、ハードウェア機器、ネットワーク機器、通信キャリアから回線の借入を行います。

次に、ECサイト構築ソフトウェア構成とし必要な物は、OSとしてLINUXなどが必要です。また、httpサーバー用ソフトウェア、データベース用ソフトウェアが必要になります。開発言語としては、phpやperlがあれば良いでしょう。java言語を使用しても構いません。

次に、構築には、ツールが必要になります。開発用のツールや、ファイル転送用のツールも必要になります。最後に開発者が必要になります。ウェブデザイナーやweb開発プログラマーが必要です。

そして、ネットワークネンジニアや基盤構築エンジニアなどが必要になります。

スマートフォンの普及で変化するECサイト構築の前提条件

ホームページを見るツールと言えば、この間までパソコンがメインでした。しかし、この頃ではスマートフォンが物凄い勢いで普及し、今では国民の大半がそれで閲覧しています。

その結果、ホームページ制作やECサイト構築の前提条件が大幅に変わってきています。パソコンとは違いスマートフォンは画面が小さく、処理性能も低めです。そのため、派手なギミックを多用したホームページ制作はNGとなりました。

またECサイト構築も、小さな画面でも商品の説明文が分かりやすく表示される仕様が求められます。更に通信料が掛からないように出来る限り、軽量化したサイトデザインも必須です。個人情報の方もタップ入力で簡単に打てるように改善する必要が出てきており、制作者は新しい環境への適応が要求されています。

ECサイト構築を行う前にすべきこと

現在の日本では、少子高齢化の煽りを受けて、各企業は新卒者の採用が厳しい状況となっています。そんな少子高齢化は、今もなお進んでおり、2025年には高齢者の人口数がピークを迎え、そこから日本の総人口は急激に減少しはじめ、2050年には8000万人台まで減少することが予測されています。そうなると、企業としても内需が減るために、会社の存続が厳しくなっていくのです。

そんな中、需要を獲得するために、新たにECサイト構築を進める企業が多くなっています。特に越境ECサイトによって海外の需要も取り込めるようになれば、内需が減少したあとでも顧客を獲得することが可能となり、生き残っていけるひとつの軸となるのです。

そんなECサイト構築を行う際にすべきことは、ホームページ制作に力を入れることだけではありません。まずは、提供するサービスがしっかりとしていなければ、誰も購入しようとは思いません。まずは、サービスをしっかりとブラッシュアップすることです。そしてホームページ制作をする際には、ターゲットに対して商品の魅力が伝わりやすい見せ方になっているか、ページの移動や導線はスムーズかなどに注意をします。さらに検索がヒットされやすいようなリフティング広告やインフルエンサーを利用したマーケティングなど、さまざまな工夫を考える必要があるのです。

消費者向けのECサイト構築のポイント

市場のグローバル化が浸透し始めた昨今、多くの企業がECサイト構築に乗り出しています。

企業組織の大小に関わらず、ネットビジネスに参入しており、ECサイト構築をした組織は軒並み高い利益を獲得しています。今までは地元の消費者にしかプレゼンテーションする事が出来なかった製品やサービスも、インターネットを通してPRすれば、他県はもちろんのこと、欧米諸国の人々にまでマーケティングする事が出来ます。

消費者向けのECサイト構築にはいくつかのポイントがあります。まずは徹底的にユーザー目線に立ったホームページ制作が大事という点です。製品の仕様を知っている制作者サイドはついスペックに関する細かな説明を省きがちです。しかし、消費者はアマチュアですので、商品の細部を知っていません。本当に初歩の初歩の説明文こそ実はECサイトの画面に必要です。

またECサイトのレイアウトは直感的に消費者が分かる、シンプルなデザインを意識しましょう。派手な色や複雑な形のボタンなどは良くありません。老若男女の誰もが直感的にどこをどうクリックすれば、どういった製品が見られるか、なんとなく感覚的に分かるようにホームページ制作をするのがベストです。

医療機関向けのホームページ作成の特徴

医療機関向けのホームページ作成には、大きな特徴や効果があります。病院のホームページとして使用する場合には、院内にある落ちついた待合室などの写真を掲載することで、リラックスした雰囲気を伝えることができます。また、プライバシーを確保した診察室などの写真を掲載すれば、患者様に安心感を与えられます。

医療機器メーカーがホームページを利用する際には、ECサイト構築を実施しておくことで、医療機器の情報発信が可能になり、手軽に購入していただくことができます。医療機関向けのホームページ作成には、以上のような特徴や効果があります。

ネットショップのECサイト構築に関する記事